パレルモ,イタリアについて

スポンサードリンク

ワールドカップサーカー

パレルモ


初戦敗北のパレルモ監督を解任、開幕したばかりのセリエA
CNN Japan, Japan - Sep 5, 2008
パレルモ――サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のパレルモは4日、ステファーノ・コラントゥオノ監督の解任を発表した。今季のセリエAは8月30日に開幕したばかりだが、パレルモは初戦でウディネーゼに1─3で敗れていた。 後任は前カリャリ監督の ...
パレルモがコラントオーノ監督解任 FC JAPAN.
all 2 news articles

Goal.com

パレルモ新監督:「ここにいるのは誇らしいこと」 コラントゥオーノ監督の後を継いだバッラルディーニ監督
Goal.com, Japan - Sep 4, 2008
4日に解任されたコラントゥーノ監督の後を受け、パレルモの指揮官に就任したバッラルディーニ監督が、新天地での挑戦について次のように語っている。 「ザンパリーニ会長の気性を心配しているか?私は自分の仕事と、選手たちやスタッフとの関係に集中している。 ...
イタリア パレルモ、早くも監督交代! Goal.com
イタリア 早くも激怒のパレルモ会長 Goal.com
all 3 news articles

サッカー=イタリア杯3回戦、パレルモが3部のラベンナに敗れる
ロイター, Japan - Aug 24, 2008
[ミラノ 23日 ロイター] サッカーのイタリアカップは23日、3回戦を行い、セリエAのパレルモが、3部のラベンナに1―2で敗れる波乱があった。 また今季からセリエAに昇格するキエーボとレッチェも、それぞれ3部のパドバとセリエBのサレルニタナにホームで ...

Goal.com

パレルモがD・ミリートを狙う(トゥット・スポルト紙) 会長は補強に1800万ユーロを準備
Goal.com, Japan - Sep 1, 2008
30日に行われたセリエA開幕戦で、ウディネーゼに1-3と黒星を喫したパレルモ。クラブを率いるザンパリーニ会長は今日1日、コラントゥオーノ監督と会議を行う予定となっている。その一方で、サバティーニSD(スポーツ・ディレクター)には補強を完成させるように ...
パレルモ会長、早くもアマウリ放出を後悔? 「前線が問題」 Goal.com
all 2 news articles

Goal.com

イタリア ナポリ、10月末までゴール裏閉鎖処分!
Goal.com, Japan - Sep 8, 2008
これにより、ナポリはフィオレンティーナ、パレルモ、ユヴェントス、レッジーナとの試合で、ゴール裏スタンドにファンを入場させることができなくなる。 処分を受け、ナポリのデ・ラウレンティス会長は怒りを露わにし、ラジオ番組の取材で「もういい。もうムリだ。 ...

Goal.com

ディ・ナターレ:「ゴールできたのはチームの功績」 パレルモに3-1と快勝のウディネーゼ
Goal.com, Japan - Aug 30, 2008
30日に行われたセリエA開幕戦、ウディネーゼ対パレルモの試合は、FWディ・ナターレの2ゴールなどでホームのウディネーゼが3-1と勝利を収めた。最高の出だしを切ったディ・ナターレは試合後、満足感を示すとともに、チーム全体の功績を称えている。 ...

パレルモ

イタリア2回目(by kamesannnさん)

パレルモ
5日目、フィレンツェ着。とりあえず宿を探す。
宿で日本人の女の子と会い、一緒にまわる。ひたすらまったり。
いい都市は二回目来てもほんとにいい。まー、一緒にまわった人が良かったという話もありますが、その辺はネット上ではうやむやに(笑)
モンマルトルの丘が非常に良かった。昼と夜の二回行っちまった。
壮大な景色ですな。ドーモからもいいけどここからも最高!
途中でみぞれふる。ヨーロッパは今異常気象なんだって、知ってた?
夜はリゾット、シチューみたいなの、白ワイン。ヴェッキオ橋付近のレストラン、すごくうまかった。ワインが薄いのは、このへんの特徴らしいと後から知った。
ここでユースに一泊。

6日目、朝早く昨日も見た川を見に行く。この都市は、川と橋がとてもきれい。いつまでもみていたいと思わせる。僕は日本大好き人間ですけど、ここになら住みたいと思わせるところの一つですね。教会もみて、次の都市へGO。

ナポリに到着、目的はカプリ島のグロッタ・アズーラ(青の洞窟)。信号がもはや役割を果たしていない。イタリアの南はヨーロッパとは一味違う。時間がギリギリすぎて、速効で市電に乗る。30分で船着場へ行き島へのチケットを買う。見知らぬ街での適応力のあがり方に自分でびびる。

その後もとんとん拍子で、青の洞窟への最終便へギリギリ間に合う。われながら良く頑張った。すごくきれいで良かった。写真は後ほど添付します。
帰りは夕立で大変。帰りの船ではみんなずぶぬれ。イタリアの子供たちと近くの座席に乗る。
赤ちゃんが目の前の座席にいて、泣き出す。お母さんすかさずオレンジソルべ(シャーベット)を取り出す。一口口にいれると、「なんて、うまいんだこの食い物はっ!」という感じでぎょっと目を開いて泣き止む。その様子がおかしすぎた。
隣の女の子は僕を見てやたら照れる。そんなにかっこいいかな?wイタリア語で話しかけてくるけどわかんないんだよねー。やっぱ話せたほうがいいな、と思う。英語しゃべれるお母さんが少し翻訳してくれた。終始和やかな雰囲気の船内。

次の街はいずこ?

7日目、メッシーナに着く。というか、思い立って降りる。ここはどうやら宗教都市
らしい。多くのそれっぽい施設が見えた。山の上のセントマリア教会をみようとするが、入れなかったのは残念。でも、全体的に装飾がきれいな教会がたくさん。そういえば、イタリアは昔多くの国に分裂していたんだっけ。
ってことは、ここメッシーナもシシリア島では大きな国の一つだったのでしょう。とか思いながら、散策終了。あっ、生魚が多く売っていたことを言い忘れ。たことか小さな魚とか、すげーでっかいのが上半分だけとか。でもあんまり安くない。日本では魚が安いと思う。肉より利益率が低いのは知ってます?日本の魚屋さんはえらいね。
電車で4時間移動してパレルモへ。
相変わらずの車のマナーの悪さ。なんだか少し疲れ。とりあえず、船のチケットを取るのが先決なのでそれを先にする。途中の公園は超きれいだったが、あんまり時間に余裕無かったので急いでいった。相当迷ったあげくチュニジア行きの船を見つける。この辺りすらっと書いてるけど、会話は英語半分イタリア語半分。
ずっと15KGのかばんを持ち歩いているのでいいかげんだるくなってきて、そのへんで食事を買って後で食おうかと総菜屋に入る。1KGいくらと書いてあって、1kg買わねばならんと勘違いしまくって、1kg惣菜を買う。(主に魚系)これがこのあととんでもないことになって、一部破棄するのだが、まぁそれはBLOGに書くほどきれいなことでもないので省略w
シチリアレモンのアイスを食う。めちゃめちゃうまい。激しくお勧めです。
シチリアレモン自体は苦すっぱい。1,5lの水に一個入れるとおしゃれなレモン水。日本で食うレモンと同類だと思ってはいけません。
さて、夜中二時出発、かつ、この近くに何も無いので暇すぎて船着場で待っていると
イタリア人のおっさんが話しかけてくる。イタリア語で。構わず英語で返す。もちろんイタリア語で帰ってくる。こんなんでもコミュニケーションってとれるのが不思議だよね。彼のマンマが作ったパンを食べる。まーまーかなw 
その後、流れでチュニジア人のおっさんと船の中では話す。チュニジアのガイドブックすら持ってません、アハハといったら、チュニジアのことを丁寧に教えてくれた。彼はチュニジア人だがドイツで翻訳家をやっていて英語ぺらぺら。数ヶ国語しゃべれるので誰とでも話せてた。ほんといいおっさんだった。ここで一泊してついにアフリカ大陸に行き着くことになる。

NEXT チュニジア

お勧め度
フェレンツェ☆☆☆☆☆(やっぱ最高、美が集まる街)
ナポリ?(ちゃんとみてないので)
カプリ島☆☆☆☆(内部や裏側はもっといいらしい)
メッシーナ☆☆☆(教会好きの人にはお勧め)
パレルモ☆☆(特に何かがあるわけではなく)

【旅行時期】2005/09/~2005/09/
【エリア】フィレンツェ
【テーマ】
【投稿者】kamesannn

母と南イタリア&シチリア旅行 2005年4月(by red-nontaさん)

パレルモ
 母が以前から行きたがっていたイタリアのつきそい?ということで南イタリアへ母娘旅行へ行ってきました。私は学生時代に北イタリアは行ったので、今回は南イタリアのナポリ、カプリ島、ポンペイ、シチリア島のタオルミーナ、パレルモへ行くツアーに参加。入籍3日目の新婚の私が寛大な主人の許可を経てに母と仲良く渡航しました。
 8日間ツアーで、カプリ島の青の洞窟は4月初旬だから期待していなかったらやっぱり入れなかったけど、私が期待していたのははマテーラ&アルベロベッロとタオルミーナ。
 南イタリアはトイレが少ないので、昼間はワインを飲まずに夕食まで我慢しました。
 北イタリアとちがって、南は田舎で素朴でしたが、個人的には南イタリアのほうが好きかな〜って思いました。

【旅行時期】2005/04/02~2005/04/09
【エリア】イタリア
【テーマ】
【投稿者】red-nonta

欧州・バックパッカーの旅【41】 イタリア・シチリア島のパレルモとチェファル(by さすらいおじさんさん)

パレルモ
10月20日の23時ローマ発の夜行列車で長年見たかった島、シチリア島に向かう。ブーツ型のイタリア半島のつま先部分まで南下し、メッシーナ海峡をフェリーに列車を乗せてシチリアに渡る。10時にチェファルに着き、1989年製作のイタリア映画「ニューシネマパラダイス」のロケ地となった海岸まで歩いた。チェファルの海岸では映画技師になったトトがシチリアを離れる前に映画技師の先輩、アルフレードからトトが愛した銀行家の娘・エレナを忘れろと言われたシーンが撮られた。大聖堂に行くと、黒い礼服の男女が教会の前に集まっていた。映画「ゴッドファーザー」のシチリアのマフィアを連想させる光景だった。
街を歩き、シチリア名物のタイル張りの階段を見て12:50チェファル発の列車で13:30パレルモ着。ゴッドファーザー?のロケに使われたマッシモ劇場、大聖堂、ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂(6ユーロ・900円)、蚤の市などを歩いた。蚤の市には5ユーロ・750円の靴やズボンなど安いものが並んでいた。
20:40パレルモ発の夜行寝台列車でナポリに向い10月21日午前6時着。
(シチリアの費用)
移動費;ローマ−パルレモ夜行列車47.74ユーロ・7160円、パルレモ−ナポリ夜行寝台列車59.5ユーロ・8920円、パルレモバス1ユーロ・150円 計16230円
観光費;ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂6ユーロ・900円
食費;810円
雑費;2550円
合計;20490円
(写真はチェファルの海岸)

【旅行時期】2006/10/20~2006/10/20
【エリア】パレルモ
【テーマ】歴史・文化・芸術
【投稿者】さすらいおじさん

南米のパリ、ブエノスアイレスの旅。(by seattleさん)

パレルモ
アルゼンチンの首都のブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれています。 南米で1番ソフィスケートした街です。 1988年以来2回目ですが、街の雰囲気は変わっていないものの、物価がかなり上がっていて結構高いなって思うことが多かったです。 でも人々は相変わらず親切で料理もワインも美味しいし楽しかったです。今回はお隣のウルグアイのプンダデルエステがメインだったので2泊だけだったけど充実した休日でした。

【旅行時期】2005/12/~2005/12/
【エリア】ブエノスアイレス
【テーマ】
【投稿者】seattle

イタリア縦断の旅 ?ピサ(by yoko-saisaiさん)

パレルモ
斜塔で有名なピサ。ドゥオモ広場は世界遺産に指定されています。写真などで見ていて子供の頃からひと目見てみたいな−と思っていました。実際見てみて感動!感慨深いです。
また白い斜塔、青い空、オレンジ色の建物、緑の芝生のコントラストがとても美しいです。ドゥオモ広場の芝生では、みなさんが思い思いにのんびり寝転んだりしています。他の世界遺産とは少し違ったのんびりした雰囲気も素敵です。

今回のイタリア旅行で訪れたところは、カプリ島→バチカン市国→ローマ→シエナ→サン・ジミニャーノ→フィレンツェ→ピサ→ヴェネツィア→ヴェローナ→コモ湖→ミラノです。

【旅行時期】2006/09/27~2006/10/07
【エリア】ピサ
【テーマ】世界遺産・遺跡・秘境
【投稿者】yoko-saisai

シチリア島と南イタリアの旅・・旅いつまでも(by noriさん)

パレルモ
4/初旬!時期的には少し寒いかなと思ったが最初に着いたシチリア島の州都パレルモは思ったより暖かく、黄色や赤や紫色の可愛い春の花が美しく咲き、オレンジやレモンが沢山実っていた。やはり春の旅は気持ちがよい!
シチリアはイタリアとはいえ過去の異文化の移入によりイスラムの風情を漂わせている。歴史も古く世界遺産に登録された所が多い。
南イタリアは北イタリアとはまた違った雰囲気を持っており、
ナポリやカプリ島、アマルフィの海岸線などの美しさは素晴らしい。南、北イタリアとシチリア島とそれぞれ3回に分けてゆっくりのんびりと旅が出来れば素晴らしいだろう・・と思った。
今回は秘境ではなく身近で見られる自然の美しさと遺跡を併せて
見ることができ満足な旅であった。期待通りの素晴らしい所だった・・!行って見ないとこの感動は得られないだろう・・やはり旅は楽しい! 

本文は
  • http://yoshiokan.5.pro.tok2.com/sici/nori144sici.html


  • をご覧ください


    【旅行時期】2004/04/07~2004/04/19
    【エリア】イタリア
    【テーマ】世界遺産・遺跡・秘境
    【投稿者】nori

    Web Services by 4travel.jp

    パレルモ



    海外旅行記-はじめての世界一周