瀋陽,中国について

スポンサードリンク

ワールドカップサーカー

瀋陽


再調査の具体化が焦点=11日から日朝協議
時事通信, Japan - 16 hours ago
日本と北朝鮮の国交正常化に関する実務者協議は11、12の両日、中国・瀋陽で行われる。前回協議で北朝鮮が約束した拉致被害者の再調査について、開始時期や具体的方法で合意できるかが最大の焦点。外務省幹部は進展の見通しは「五分五分」としており、厳しい交渉が予想 ...
11日から日朝協議再開 中国・瀋陽で 拉致再調査が焦点 東京新聞
日朝実務者協議、11、12両日に中国・瀋陽 MSN産経ニュース
北朝鮮・宋日昊大使、11日から始まる日朝実務者協議に臨むため中国・瀋陽に到着 FNN
時事通信 - 時事通信
all 41 news articles

中国情報局ニュース

港華燃気:遼寧省瀋陽で工業用ガス供給へ
中国情報局ニュース, Japan - Aug 7, 2008
中国本土のガス供給会社である港華燃気有限公司[香港上場、港華燃気(タウンガスチャイナ)、01083]は7日、遼寧省瀋陽市にある瀋陽近海経済区でガス管網の建設、運営に着手すると発表した。7日付で香港・経済通が伝えた。 建設、運営母体となる新会社を設立し、事業を ...

五輪開会式のピアニスト郎朗「自分は新しい世代」
ロイター, Japan - 16 hours ago
現在ニューヨーク在住の郎朗は3歳からピアノを始めた後、5歳で瀋陽ピアノ・コンクールで第1位に。9歳で北京の中央音楽学院に入学し、15歳の時には米国にあるカーティス・インスティテュートで学ぶため中国を離れた。 開会式では8分間にもわたる中国の作曲家・葉 ...

うその爆破テロ予告相次ぐ 中国瀋陽、当局が摘発
47NEWS, Japan - Aug 3, 2008
【北京4日共同】中国遼寧省の地元紙、華商晨報(電子版)は4日、同省瀋陽市で虚偽の爆破予告が相次ぎ、当局が“テロ情報捏造”の容疑で6月以降、11人を摘発したと伝えた。 公安当局によると、このうち1件は「線路に爆弾… [記事全文]

瀋陽:五輪競技会場などにバイオトイレを設置
中国情報局ニュース, Japan - Aug 2, 2008
瀋陽市都市管理局衛生処はこのほど、1400万元をかけて市内にバイオトイレを設置した。新華社が伝えた。 バイオトイレは、オガクズを人工土壌に見立てて、屎尿をその中で好気的に分解消滅させるもので、水を流す必要がないエコ型トイレ。五輪サッカー競技が予定される瀋陽 ...

反町ジャパン】0-1で終了 勝ち損ねた感のある黒星
MSN産経ニュース, Japan - Aug 7, 2008
地区予選を勝ち抜いた16チームがA~Dの4組に分かれて戦うグループリーグは、各組上位2位が準々決勝に進出する。日本はB組で、米国戦の後は10日にナイジェリア(日本時間午後6時・天津)、13日にオランダ(同・瀋陽)といずれも格上のチームと対戦する。

瀋陽

おまけのおやつ編(中国、瀋陽)(by 冷風扇さん)

瀋陽
老辺餃子館、原味斎焼鴨店、馬家焼麦館と、お腹ぱんぱんに食べまくっておりましたが、それだけでなく、しっかりおやつまで。

枚数もたいしてないですが、一応記録にアップしておきます。

【旅行時期】2004/10/09~2004/10/12
【エリア】瀋陽
【テーマ】グルメ
【投稿者】冷風扇

またしてやられたっ。中国料理おそるべし(3)(by 冷風扇さん)

瀋陽
一日目の餃子。二日目の鴨スープと、中国四千年に大惨敗。
しかし、せっかく瀋陽に来たからにはイスラミック料理も食べなければ。ホテル(遼寧賓館)の裏にもあったが、せっかくだからとここ10数年ガイドブックがおすすめし続けている「馬家焼麦館」に行ってみることにした。

焼麦って、日本で言う焼売。日本の焼売が先っぽとがったみたいなかんじ。手のひらに皮を広げて、真ん中にちょこんと具を置いて、先っぽをきゅっとねじってみよう。そんな形なのだ。北京の焼売の形もそうだよね(北京行ったことないけど)。

また粉で胃をぱんぱんにふくらましてくるか〜(←食べる気まんまん)。

【旅行時期】2004/10/09~2004/10/12
【エリア】瀋陽
【テーマ】グルメ
【投稿者】冷風扇

またしてやられたっ。中国料理おそるべし(2)(by 冷風扇さん)

瀋陽
一日目の老辺餃子館にて、中国餃子のダイナミックな洗礼を受けた我々。
「やっぱ地方は物価が安いから気をつけなきゃ。上海や北京とは物の値段が違うのよ」
そう言い聞かせて翌日訪れたのは、北京の老舗鴨料理屋の瀋陽支店「原味斎」(正式には原味斎焼鴨店かな?)

内装がこじゃれたレストランだったが、値段は大衆食堂と変わらない。これは、きっと量が少なめだな?
しかーし、おかげさまでダブルノックアウト。なんでなのさー。

【旅行時期】2004/10/09~2004/10/12
【エリア】瀋陽
【テーマ】グルメ
【投稿者】冷風扇

またしてやられたっ。中国料理おそるべし(1)(by 冷風扇さん)

瀋陽
瀋陽にショートトリップに行った。
以前、上海や成都に1人で行ったとき、土鍋いっぱいのスープと格闘したり、山盛りの焼きそばを吐きそうになりながら食べた。
味は美味い。すごく美味い。でも、その量が半端ではない。
日本の中華料理屋で出てくる量を想像していた私は痛い目にあった。
(ここ参照:
  • http://fkubo.cool.ne.jp/shanghai/tabemon1.html


  • そこで、今回はその二倍に人数を増やし、東北の地方都市「瀋陽」に行った。
    「腹一杯餃子たべるぞーーー」との決意を胸に秘め。

    しかし、・・・またしてやられた。
    くそう。今度は更に倍の人数だ!(って、4人かよ)

    【旅行時期】2004/10/09~2004/10/12
    【エリア】瀋陽
    【テーマ】グルメ
    【投稿者】冷風扇

    「しょうぐんさま」の国へ。 【その1】往路篇(by MILE JUNKIEさん)

    瀋陽
     小泉訪朝(2002年)以降今日まで、マスコミでは、北朝鮮の情報が日々あふれかえっていますが、それまでは、一般的にも趣味的(?)にも、情報が非常に少ない国でした。
     私は、情報が少ないがゆえに、その隠された実態に興味・関心が向いてしまったのですが、今となっては”話題の国”であり、今思えば、あのような日の当たらない時期に、非常にいいタイミングで行けて良かったと思っています。

     ツアーは、KACツーリストという東京にある専門の旅行社に申し込みました。基本は、団体・グループでの申込みが必要のようで、個人での旅行は、むずかしいようでしたが、他に1名で申し込まれた方がおられるので、その方との「グループ」でということで、申し込みました。結局、グループでも1名でもいいような感じでした。現地では、相部屋になると思っていました(聞いていました)が、別々の部屋を用意していただけました。

     私の行った日程では、私以外に3名おられて、東京からの2人組の方と、私と同じく個人での参加の1名(この方も東京の方)でした。現地では、この4名を2グループに分けて、それぞれ2名の”案内員同志”が付きました。実質、マンツーマンというとても手厚い(?)待遇ということになります。この3名の方とは、帰国後も親しくさせていただいています。

     行ってから分かったのですが、何度も訪問されている北朝鮮マニアのような方もおられるようでした。私たちは、みな初めてでしたので、そういう意味では、予備知識や経験があれば、もう少し上手に案内員同志にいろいろ要求することができたかも知れません。特に、参加者が少ない時期でしたので。個人的には、見るべき物が次々と目まぐるしく出て来て、驚きの連続に余裕がなかったというのが感想です。

     今のところ、やはりツアー代がとても高いので、もう行かないとは思いますが、もし2回目があれば、このときの体験を活かして、回ってみたいと思っています。
     ちなみに、この時は6日間のツアーで195,000円でした。滞在中の食事代・交通費まで含まれていますので、向こうでは余計な買い物以外ほとんど使いませんでしたが、とても割高なことには違いありません。


    【ルート】

    ◆(その1) 2/28(水)
    関西→→(NH:大連経由)→→瀋陽→→(JS)→→平壌=====平壌(泊)

    (その2) 3/1(木)
    平壌=====板門店=====開城=====平壌<チュチェ思想塔・人民軍サーカス>=====平壌(泊)

    (その3) 3/2(金)
    平壌=====平壌<万寿台・金日成広場・人民大学習堂など>=====平壌(泊)

    (その4) 3/3(土)〜5(月)
    平壌+++++新義州+++++||+++++丹東(泊)
    丹東=====虎山長城=====丹東+++++(車中泊)
    +++++大連→→(NH:福岡経由)→→関西

    【旅行時期】2001/02/28~2001/02/28
    【エリア】ピョンヤン
    【テーマ】
    【投稿者】MILE JUNKIE

    中国の駅舎いろいろ。(by 蔵*蔵さん)

    瀋陽
    2002年ごろからの中国各地の駅舎、
    画像が残ってるのもあるので適当にアップ。
    あまりセンスないけど。

    表紙は内モンゴル自治区、満州里駅。

    【旅行時期】2002/05/~2006/05/
    【エリア】中国
    【テーマ】鉄道・乗物
    【投稿者】蔵*蔵

    Web Services by 4travel.jp

    瀋陽



    海外旅行記-はじめての世界一周