ムンバイ,インドについて

スポンサードリンク

ワールドカップサーカー

ムンバイ


リューベ、印ムンバイに販社-工作機械の潤滑装置を供給
日刊工業新聞, Japan - Aug 6, 2008
リューベ(東京都新宿区、堀越栄治郎社長、03・3204・8431)は、9月にインド・ムンバイに販売子会社を設立する。工作機械などに潤滑剤を自動供給する集中潤滑装置と、専用潤滑剤の販売、メンテナンスを行う。また、現地で潤滑知識に関する研修サービスも開始 ...

ニューズ、印で事業強化 株価指数やTV局創設
47NEWS, Japan - Aug 4, 2008
ルパート・マードック会長兼最高経営責任者(CEO)がインド西部ムンバイで記者会見した。 新たな株価指数はムンバイ市場などの主要株30種の動向を追い、4日からニューズ傘下のダウ・ジョーンズ通信が正式に公表を始めた。 また、1億ドル(約108億円)を投資し ...
米ニューズ、インドで6地方チャンネル開設 日本経済新聞
ニューズ、インドでローカルTVチャンネル立ち上げへ=会長 日本経済新聞
all 21 news articles

[インド株]MTNL、3G携帯電話サービスを3カ月以内に開始
中国情報局ニュース, Japan - Aug 5, 2008
デリーとムンバイを営業地域とするインド国営通信会社マハナガル・テレフォン・二ガム(MTNL)は、政府から第3世代(3G)携帯電話の周波数の割当を受け、3カ月以内にサービスを開始できる見通しだ。R.S.Pシンハ会長兼社長の話として、PTI通信が8月3日付で ...

コルカタなど2支店開設へ=インド拠点を拡充-双日
時事通信, Japan - Aug 6, 2008
双日は6日、インド東部のコルカタと同南部のチェンナイに月内にも支店を開設することを明らかにした。経済成長や産業基盤(インフラ)整備の推進、日本企業の進出で事業拡大が見込めるとして、営業拠点を拡充する。既存のデリー、ムンバイと合わせて、広大な国土を持つ ...

ポラリス・ソフトウエア、AIG子会社とITサービス契約締結
日本経済新聞, Japan - Aug 5, 2008
ムンバイ(ダウ・ジョーンズ)インドのソフトウエア開発会社、ポラリス・ソフトウエア・ラブ(532254.BY)は5日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(NYSE:AIG)傘下のAIGグローバル・サービシズとの間で、同社とその世界中の会員企業に情報技術(IT) ...

第一三共が16日にTOB開始=印ランバクシー
朝日新聞, Japan - Aug 4, 2008
ムンバイ 5日 ロイター] インドの製薬最大手ランバクシー・ラボラトリーズ は、第一三共<4568.T>による株式公開買い付け(TOB)が8月16日―9月4日に行われることを明らかにした。 ランバクシー株20%に対するTOBは当初8日開始の予定だったが、インド当局 ...

ムンバイ

「インドの世界遺産 The world heritage」? アジャンタ石窟寺院群 (by koiさん)

ムンバイ
ムンバイ(ボンベイ)は、インド経済の中心地であり人口は1600万人の近代的なビル立ち並ぶ大商業都市です。かつて私達が学校の社会科で習ったのは英国植民地時代の名残でボンベイと呼ばれていました。このムンバイをまだ真っ暗な早朝に列車で出発しブシャワールで下車した後、バスでオーランガバードへ向かい美しい壁画の残る「アジャンタ石窟寺院群」を見学しました。
アジャンタ石窟寺院群の発見
1819年にイギリスの一士官が虎狩りの最中に深いジャングルの奥に隠れていた岩の寺院群と出会い発見されました。つまり8世紀以来廃墟となっていたため30を数える仏教の石窟寺院が残っているのです。その壁画は、古代インドの姿を壁や天井に描かれていてグプタ朝の宮廷生活を伝えています。第1窟のアジャンタでもっとも有名な蓮華手菩薩と金剛手菩薩像の壁画があります。よく見ると奈良の法隆寺にあるような壁画と良く似ていて日本の佛教のルーツがここにあると言えるでしょう。第2窟には、入り口天井部の壁画に青い靴下の異邦人があり、そり他仏陀の誕生の壁画もありました。アジャンタの壁画は、壁面を這う湿気や来訪者の増大が原因となり貴重な世界遺産である文化遺産に憂うべき劣化が進みつつあるようです。そのためフラッシュによる撮影は一切出来ません。ゆえに洞窟内に設置してある暗い電球の中でしか鑑賞できませんでした。日本でも最近になって高松塚の壁画にカビが生えるなど問題となっていますが何時までも大事に保存して頂きたいものです。

 世界遺産は、国際理解の教材
私達の世界遺産は、人類の新時代に向けて自らの価値を提示する重要な役割を担っています。 そこには、緑豊かな森や山、清流や岩に富んだすばらしい自然環境があり、これらを人々は昔から保護し神々として敬ってきました。そのアニミズムは、生態系を維持するために、あらゆる生物種の保護に寄与し、そんな所に人々は癒しを求め巡礼し、その旅の途中に様々な人々の遭遇がありました。その出会いが、新たな文化を産みました。

多様性を敬うアニミズムは、その地で日本の民族宗教である神道に仏教を争うことなく受け入れ習合させてきました。 その智恵。多様性と対話の尊重に立脚して環境保全と世界の平和共存をうながしてきています。
 ユネスコの世界遺産は、文明間の衝突でなく文明間の対話をうながす最も優れた国際理解の教材でなければなりません。この対話の姿勢は、平和の文化を育むことでしょう。

■ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
copyright(C)2006 Taketori no Okina YK. All rights reserved.

【旅行時期】1999/02/11~1999/02/12
【エリア】アジャンター
【テーマ】世界一周
【投稿者】koi

タンザニアの旅 キリマンジャロ国立公園への旅(by marukunさん)

ムンバイ
  • http://www.trave-l.com/blog/hunkorogashi/





  • http://plaza.rakuten.co.jp/hunkorogashi/







  • 私をキリマンジャロへ連れてって――。


    ところで、ところで、である。
    今回ケニヤ訪問を選んだのはワケがある。
    動物に感心がないわけではない、それもある。
    しかし、私は来年キリマンジャロ登頂を計画してる。
    キリマンジャロはタンザニア側から登頂するのが一般的ルートだ。
    ぜひ、今回ケニヤ側から万年雪のアフリカの富士山を像をバックなどにしてこの目に焼き付けたかったのだ。
    アンボセリは神奈川県と同じくらいの面積だ。
    晴れ渡ったときには、群馬からも雄姿が拝める富士山より高い山のはず・・・。
    その雄姿がそろそろ見えてきてもよさそうなものだが・・・・。
     遠くには乾燥した地帯独特の渦巻きが何本も舞っていた。
    雲、といえば、そういえば、いつの間にか分厚い雲が垂れ下がっている。
    少し、不安になってきた。
    雲の切れ目の地平線は裾野が広がっている。
    少し不安になってきた。
    ムンバイ経由ではるばる、ここを目指してやってきたのだ・・・。
    「まさか、正面の雲の後がキリマンジャロ?」
    「イエス・・・いつもだいたい雲の後ね」
    パトリックはつまらなさそうに、あっさり言った・・・・・・・・。


    PS――――

    翌年1999年、一念発起して一人でキリマンジャロ登頂を試みました・・・・・。
    ポーターを務めてくれたアビ君はアタシの手紙攻勢に、「ペン送れ!」ばかり・・・。

    当時は、タンザニアの麓町アルーシャからずっと4日間深い霧でした・・・・・・・(TT)
    ウルフピークで酸欠でもあり断念しました。
    (ホンマモンの頂上知らず・・・・)


    アタシって、なんでいつもこうなんでしょう(涙
    誰か、アタシを救いあげてください(笑

    【旅行時期】1998/09/~1998/09/
    【エリア】キリマンジャロ国立公園
    【テーマ】ドライブ
    【投稿者】marukun

    インドの旅 ボンベイ ムンバイ―ムンバイの町の熱風(by marukunさん)

    ムンバイ
  • http://www.trave-l.com/blog/hunkorogashi/




  • http://plaza.rakuten.co.jp/hunkorogashi/




  • まばゆいばかりのイルミネーションと、その裏にあるスラム街。
    カルカッタから牛と物乞いが激減した今、
    最もインドらしい街は、ひょっとしたらムンバイなのかも。

    香港からニューデリー、ボンベイへ


    2年後、ナイロビ渡航の前後に寄った。

    洗濯場
    洗濯場で働いているのは洗濯カーストの人々。
    カースト制は職業と結びついて細分化されており、
    洗濯カーストといっても「洗い」や「絞り」や「乾燥」などいろいろある 過去と現在の交錯するデリーは、まるでカラフルなキャンバスのよう。

    【旅行時期】1998/09/~1998/09/
    【エリア】ボンベイ
    【テーマ】プチ留学・カルチャー体験
    【投稿者】marukun

    アンボセリ国立公園  アンボセリ―私をキリマンジャロへ連れて行って(by marukunさん)

    ムンバイ

  • http://plaza.rakuten.co.jp/hunkorogashi/


  • http://www.trave-l.com/blog/hunkorogashi/



  • 見渡すかぎりの平原になってきた。

    道路はますます悪路になってきた。
    睡魔と気分の悪さが交互に訪れる、その対策でもあるダービーだ。
    4人で窓の外、遠くを近くを、凝視し続ける。
    緑には水水しさや濃さがなく、やがて目が疲れてくる。
    アフリカの人々は視力が6度もあるという。
    地平線にいる人の顔がわかるらしい。
    パトリックは私たちのたわいのない宝探しゲームを嘲笑しているようだった。
    「ほら、今あちらのブッシュにいましたよ(笑)」
    私たちには全然わからない。
    私はビデオカメラをフルズームにして3人から反則をつきつけられたが、それでも動物たちの姿など、この平原には存在しなかった。
    Mがシマウマを発見したと主張したが、3人にはわからず却下。
    パトリックは業を煮やした様子で、やおら運転手のフランクに停車を命じた。
    「右に根元から分かれたアカシアがあるでしょう?その下に小さな沼ありますね。見えますか・・・・?そこに何がいます?」
    「わぁーーーー!!キリンだぁーー!!」
    遠足の子どもたちのように私たちは同時に叫んだ。
    そう、ダービーのチケットは払い戻しだった(笑)。
    が、そんなことはどうでもよろしい。
    アンボセリ公園手前の草原で、ついに私たちは「野生動物」を「発見」した!
    今日から、これでもかこれでもか、と動物たちとご対面するのだが、そんなことは何も考えず、「私たち」は純粋に感動を分かち合っていた。
    「でも、動物は動物園にいるだけじゃないんだね。国立公園というから、ナイロビ郊外のところにあったように柵でも囲んであるのかと心配してました(笑)」と、私はもちろん、冗談のつもりで吐く。
    「ここはアフリカね。いてるところにはどこにでもいてます」とパトリックはつまらなさそうに真面目に応えた。
    それより、パトリック・・・・・・関西弁が移ってるんですけど・・・・・・。
    パトリックは肌が黒い。
    黒人だから当たり前だが、彼の肌はマコンデ彫刻のように墨色がかっており、本当に黒が濃い印象だ。
    彼はキクユ族とも明らかにマサイ族とも違う。
    どこの部族出身か、旅中最後まで聞かずじまいだった。
     車はジェットコースター気分を味わいながらナイロビを発つこと4時間。
    ようやく、ナマンガ・ゲートという保護区域内への入り口を通過した。
    「やっぱり動物園かいな?」とMに向けて、意識はパトリックに対して笑いながら言う。
    しかし、保護区内外を動物たちが行き来するのは、もちろん「自由」だ。
    逆に遊牧で生計を立てているマサイ族が居住区を定められ、締め出された格好だ。
    人間というやつは、どこまでもどこまでも勝手だ。
    人間に対しても自然に対しても。
    私たち物見遊山の者どもも、このことは最低のマナーとして心得ておかねばならないと思う。
    それは―――――。
    それは、ここでいう「公園」とは、類長猿である私たち「動物」が勝手に線引きしたものでしかない。
    私たちは「動物を見に来た」のではなく「動物に見られに」ちょっとお邪魔させてもらっているのだ。ほら。
    「ほら、ヌボーとした表情で、ヌーがこっちをボーッと見てるよぅ」
    「さぶーーーー」と、M。
    ゲートを潜って。景色に変化こどないが、やはり動物たちが多くなってきた。
    「わー、シマウマの親子ですよーかわいいー」
    「あっ!ほんとにシマウマの親子ですよ。かわいいー」
    「見て見て。イボイノシシよ。ほんとにイボがあるんだ。かわいいー」
    動物が増えるたびに、後の3人組がやかましい。
    「サファリ中は静かに願います」
    パトリックの声を真似て3人に言ったが、全く無視された。
    「ああああーーあれっ”!ゾウよぉー」Sがやかましい。
    「うきゃーー歩いてるぅー」Hよ・・・ゾウだって歩くがな・・・・。
    「どえりゃぁーーーー!!耳を羽ばたいてます!!」Mまでカメラ向けながらうるさいのなんの・・・・・・・。
    「あれは暑さを冷ますためね・・・」冷ややかに言うパトリツク。
    「おおおーー!パンダも発見!!」
    冷たい視線を浴びるのは私・・・・・・・・。
    ところで、ところで、である。
    今回ケニア訪問を選んだのにはワケがある。
    動物に関心がないわけではない、それもある。
    しかし、私は来年キリマンジャロ登頂を計画している。
    キリマンジャロはタンザニア側から登頂するのが一般的ルートだ。
    ぜひ、今回ケニア側から万年雪の「アフリカの富士山」をゾウのバックなどで、この目に焼き付けておきたかったのだ。
    アンボセリは神奈川県と同じくらいの面積だ。
    晴れ渡ったときには、群馬からも雄姿が拝める富士山より高い山のはず・・・・・。
    その雄姿がそろそろ見えてきてもよさそうなものだが・・・・・。
     遠くには乾燥地帯独特の渦巻きが何本も舞っていた。
    雲、そういえば、いつの間にか分厚い雲が垂れ下がっている。
    少し、不安になってきた。
    雲の切れ目の地平線は裾野が広がっている。
    少し不安になってきた。
    デリー、ムンバイ経由ではるばる、ここを目ざしてやってきたのに――まさか・・・・・――。
    「まさか、正面の雲の後がキリマンジャロ?」
    「イエス・・・・・いつもだいたい雲の後ね」
    パトリックはつまらなさそうに、あっさり言った―――――。

    【旅行時期】1998/09/~1998/09/
    【エリア】アンボセリ
    【テーマ】大自然・動物
    【投稿者】marukun

    インドで食べたごはん?(2007年11月27日〜12月4日) ムンバイ・アウランガバード・カニャークマリ (by みくいださん)

    ムンバイ
    インドで食べたごはんとかです。
    アルファベットのメニュー名はレストランのメニュー表に記載されているものをそのままのせました。(綴りが違うものもあります。)
    日本語のメニュー名は独断で適当につけました。

    【旅行時期】2006/11/26~2007/01/23
    【エリア】カニヤークマリ
    【テーマ】グルメ
    【投稿者】みくいだ

    ライオンベラーの冒険  野生への道 1 往路編(by ライオンベラーさん)

    ムンバイ
     野生動物の観察がしたくてケニヤに行ってきました。仕事の合間で十分な準備ができなかったので不安いっぱいの旅立ちでした。いったいどんな旅になるのでしょう。さあ、未知の大地、動物王国への旅の始まり、始まり 〜〜〜 ・・・ → → → ⇒ ⇒ ⇒ 

    (8/13〜8/13)

    【旅行時期】2006/08/26~2006/08/26
    【エリア】マサイマラ国立保護区
    【テーマ】大自然・動物
    【投稿者】ライオンベラー

    Web Services by 4travel.jp

    ムンバイ



    海外旅行記-はじめての世界一周